スーパーコピー時計
スーパーコピー時計 > 時計資料 > 自動巻式時計を正しくご使用いただくために

自動巻式時計を正しくご使用いただくために

※ 自動巻時計は、内蔵されたローターが時計を腕に装着して通常の腕の動きで回転しゼンマイを巻き上げる仕組みになっています。従って、腕の動きの少ない場合 や(腕から外す事が多かったり等)使い方によっては時計を駆動させるための十分な動力が得られず、ゼンマイの巻き上げ不足が生じ、その為に精度が乱れたり 時には時計が停止したりすることがあります。安定した駆動力を機械部分に伝達するために1日最低8~10時間ほど腕に装着してご使用ください。一度停止し た後に(腕から外しがちな時も含)ご使用される場合は、必ず竜頭でゼンマイを巻き上げ方向に30~40回程ゆっくり回してゼンマイを巻き上げてからご使用 ください。自動巻にはゼンマイ巻き過ぎ防止装置がありますので、いくら巻いても手ごたえがありませんので(必要以上の巻き上げを繰り返すと故障の原因とな ります)一応30~40回を目安として巻き上げてください。 ※ 竜頭(クラウン)で巻き上げることの出来ない時計の場合は手に持ってタップリ振ってから腕に装着して下さい。

※ 竜頭がネジロック式のものは緩まない様に締めつけて下さい。

※ 竜頭ロック式タイプの竜頭をロックするときは、竜頭を摘んだ指先に感覚を集中して竜頭のネジとチューブのピッチが合うのを感じとってシッカリと目一杯締めつけて下さい。そうしないと竜頭とチューブのネジのピッチが短期間で駄目になりますのでご注意ください。

※ 竜頭のロックを緩ます場合、メーカー基準は1回転半ですが、一回転以内で解除になるようでしたら竜頭、場合によってはチューブの交換時です。

※ ガラスが曇るようになったら防水不良の前兆です。そのままにして使用しますと、内部のパーツが錆びたりして思いがけない故障の原因となり修理代も高くつく事になります。

※ 多軸(クロノグラフ)時計はメカがデリケートなパーツで複雑な構造で成り立っている為、比較的故障の多い時計です。従ってストップボタンは必要以外作動させない方が賢明です。

※ カレンダーの合わせ方の注意事項:時計の機種にもよりますが、午後8:30から午前2:00過ぎ(夜中)までの間に日付の早送りはしないで下さい。無理に日付の早送りをすると、カレンダー機能にトラブルが起きますので要注意。

※ 大事な時計を永くご愛用するには時々お気軽にご来店またはお問合せてなんなりとご相談して下さい。

※ 自動巻腕時計を腕にする際は、ゼンマイを目一杯巻き上げて充分立ち上げをしてから、腕に装着してください。

※ 自動巻式時計を日常外しがちな方は、ゼンマイの巻き上げ不足になりがちで、時計の方も正確さが不安定になりますので、日中1回くらいは手巻きをするとよろしいでしょう。

※ マグネット(磁力)の発生するもの(磁気枕、磁気腹巻、その他磁器を使用する健康器具など)には近づけないで下さい。

作成日:2015-10-28 12:41:29


Kopitokeitop.Com:スーパーコピー時計専門店,日本で最高サッビス して、質も保証される、N級品ブランド時計(ロレックスコピー,ブルガリコピー,ウブロコピー,オメガコピーなど)の最新 情報。 禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

Copyright (C) 2013-2017 www.kopitokeitop.com All Rights Reserved.